バイナリーオプションの規制内容・規制対策とは

バイナリーオプションの規制内容・規制対策

バイナリーオプション規制内容・規制対策

12月1日(2013年)から、バイナリーオプションは新ルールへ移行することが決定されています。

 

取引期間

原則2時間以上とする(例外あり)。

売買期限

判定直前まで売買可能とすること。

権利行使価格

過度に投機的にならないようにすること。

取引リスクの理解の徹底

バイナリーオプション取引のリスク理解を顧客に徹底させること。

 

取引開始から判定時刻までの期間(時間)は、当面の間、2時間以上
原則として、判定時刻の間隔は2時間以上(1営業日に設定できる判定時刻の最大数は12回

 

国内の規制対象業況

09月24日 オプトレ!(サイバーエージェント)
11月04日 バイトレ(FXトレードファイナンシャル)
11月09日 みんなのバイナリー(トレイダーズ証券)
11月18日 新外為オプション(GMOクリック証券)
11月20日 LION BO(ヒロセ通商)

 

一番目立つ変更点が、ポイント【1】の「取引期間」に関するもの。現在提供されている取引開始から判定までが最短5分、10分といった短期間のオプションは禁止され、最短2時間モノからしか取引できなくなります。

 

バイナリーオプション規制に関するニュース⇒コチラ

 

対策としては・・・

海外の業者は規制の対象外になります。
なので・・・従来の5分・10分取引はもちろんの事、1分取引も可能です!

 

短ければ、短いほど先の予測は簡単です。そのバイナリーの最大のメリットである短期間の取引が出来るのは強みになります!

 

また海外のBO業者は日本語のサイトを充実させて、国内の市場に乗り出していて、人気急上昇です!

 

 

<%optionbit%>

サブメニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ